健康保険で受けられる治療と受けられない治療を徹底比較!

保険が適用される?差額診療

差額診療の全容

希望した治療内容を自費診療で賄い、他は保険診療で済ませたいという人は少なくないと思います。
ですがこれは混合診療と呼ばれ、皆等しく医療を受けられる国民皆保険制度の趣旨に反しているという理由で、日本では原則として禁止されています。

しかし特例として、保険で認められない材料を使っても、材料費に相当する額の差額を払えばよいという診療方法があります。
例えばひどい虫歯で差し歯にする場合や大きく欠けた部分を型をとって元通りにする場合、材料費の差額を負担することで金合金を選択することが出来ます。
ただしこれは前歯部のみが対象で、奥歯には適用されません。
また入れ歯の際、金属床総入れ歯にすると、材料費の差額負担となります。

保険が適用される場合の歯科矯正

自費診療での歯科矯正は保険適用外です。しかし、保険が適用されるケースもごくわずかにあります。
厚生労働大臣の定めた二十三の疾患がそのうちの一つですが、今回はそれ以外の顎変形症についてご紹介します。

顎変形症とは、あごの骨の位置がずれていたり変形していたりして、かみ合わせに問題があることです。
これによってあごの手術をする際に、矯正の必要が認められた場合、保険が適用されます。
では上記の顎変形症とはどのようなものがあるのでしょうか。
俗に出っ歯と呼ばれる、上顎前突症。歯並びが原因だけではなく、上顎そのものが突き出ている場合、顎変形症と認められます。
逆に下の歯が上の歯より前に出る下顎前突症。俗に受け口と言われるものですが、顎の手術が必要な場合、こちらも顎変形症になります。
ほかにも顎に問題がある場合は保険適用範囲になる場合があるので、医師に相談してみましょう。


この記事をシェアする